<< インカレ日程 | main | 2018インカレ報告 >>

東日本大会

0

    先日,富山県富山市岩瀬スポーツ公園ソフトボール場にて東日本大会が行われましたのでご報告いたします.

     

    84

    1回戦 vs盛岡大学

     

    盛岡 | 000 =  0

    東京 | 564X= 15

    (規定により3回コールド)

     

    2回戦 vs関東学園大学

     

    東京 | 001 610 4 = 12

    関学 | 310 100 0 =  5

     

    85

    準々決勝 vs福井県立大学

     

    福井 | 000 010 0 = 1

    東京 | 010 220 X = 5

     

    準決勝 vs日本体育大学

     

    東京 | 010 0 =  1

    日体 | 124 6X= 13

    (規定により4回コールド)

     

    初戦の相手は北海道東北地区インカレ予選1位通過の盛岡大学でした.

    初回から川端(4年・長崎東),池内(4年・城ノ内)のタイムリー安打など打者一巡の猛攻で5点を先制すると,続く2回にも楠本(2年・佐世保北),大家(3年・立川)の連続タイムリー安打等で6点を追加します.3回も攻撃の手を緩めず4点を追加し,3回コールド勝ちを収めました.

     

    2回戦の相手は関東地区の強豪である関東学園大学でした.

    序盤安打が出ず,相手に4点のリードを許す苦しい立ち上がりとなりましたが,3回に楠本,閑念(2年・本郷)のヒットで1点を返すと,4回には打線がつながり6点を返して逆転に成功しました.ここから投打がかみ合い,12-5で快勝を収め翌日の準々決勝に駒を進めました.

     

    準々決勝の相手は北信越地区インカレ予選1位通過の福井県立大学でした.

    2回に今大会好調の楠本の安打で先取点を奪うと,4回,5回にも得点を重ね,守っては各回テンポ良く相手を打ち取り準決勝に進みました.

     

    準決勝の相手は前年度インカレ優勝校の日本体育大学でした.

    初回から相手打線に圧倒され,毎回得点を許しましたが,攻撃面では好投手から大久保(2年・宇都宮),久次米(2年・徳島市立)の安打で1点を奪うなど,インカレに向けて収穫も得られました.

     

    以上の結果から本大会は3位(31年ぶり)となりました.ご声援ありがとうございました.


    コメント
    コメントする









    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    アクセスカウンタ
    ブログパーツUL5
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM